研究シーズ

全研究シーズ収録版

ダウンロード (PDFファイル 13.2MB)

研究シーズ一覧

理工学部情報学部教育学部経営学部デザイン学部連携研究センター

理工学部 総合理工学科

整理番号研究シーズ所属研究者名
2016-001超電導磁気浮上懸垂模型の製作物理学系高重 正明
2016-002強誘電体及び関連物性の研究情報提供物理学系高重 正明
2016-003放熱性材料の熱伝導率精密測定 ~定常熱流法と温度傾斜法による測定例物理学系山口 俊久
2016-004各種試料の熱伝導率の精密測定 ~定常熱流法と温度傾斜法~物理学系山口 俊久
2016-005各種電気材料の電気物性の高精度測定物理学系山口 俊久
2016-006強誘電体の電気物性測定の極意~強誘電性の確認と温度依存的電気物性測定例~物理学系山口 俊久
2016-007極低温域までの熱膨張の高精度測定物理学系山口 俊久
2016-008極低温域までの熱膨張精密測定~単斜晶系強誘電体を用いた測定例~物理学系山口 俊久
2016-009明星大学天文台の紹介~教育・研究及び天文台普及活動について~物理学系井上 一
小野寺 幸子
2016-010時間遅れを導入した遺伝子回路におけるカオスの発現 ~一つの遺伝子の自己制御に対する時間遅れの導入~物理学系鈴木 陽子
2016-011時間遅れを導入した遺伝子回路におけるカオスの発現 ~二つの遺伝子の自己制御に対する時間遅れの導入~物理学系鈴木 陽子
2016-012高周波数の超音波による霧化とその応用 ~超音波照射による化学発光と化学反応の定量生命科学・化学系原田 久志
2016-013超音波を用いた化学反応(ソノケミカル反応)生命科学・化学系原田 久志
2016-014超音波が切り拓く化学の新世界生命科学・化学系原田 久志
2016-015環境に優しく、無駄なく、効率的な合成 ~光学活性化合物の新規合成法生命科学・化学系松本 一嗣
2016-016環境に優しく、無駄なく、効率的な合成 ~再利用可能な環境調和型触媒の開発生命科学・化学系松本 一嗣
2016-017有機金属錯体によるナノワイヤーの創生 ~機能性分子のナノワイヤー化とその特性~生命科学・化学系西條 純一
2016-018有機金属錯体による磁性体の創製 ~磁性ナノワイヤーとフェリ磁性体及びその特性~生命科学・化学系西條 純一
2016-019NMRによるタンパク質-低分子リガンド相互作用解析~WaterLOGSY法とSTD法の比較と応用~生命科学・化学系田代 充
2016-020NMRによるタンパク質-低分子リガンド相互作用解析~低分子リガンドシグナルの選択的検出方法~生命科学・化学系田代 充
2016-021化学 – 生物相補的合成プロセスによる 有用物質の合成生命科学・化学系冨宿 賢一
2016-022グランドピアノ譜面台の開発 ~新規開発譜面台による音響効果機械工学系亀井 延明
2016-023遠隔看護支援システムの開発~テレナーシングシステムの適用例機械工学系亀井 延明
2016-024感性工学による高音質音楽用CDの開発 ~録音技術のあり方と音楽表現の可能性~機械工学系亀井 延明
2016-025“人に優しいもの作り”をテーマに展開機械工学系亀井 延明
2016-026歩行バランスを考慮した靴の設計開発~職人の靴作りから学ぶオーダー靴製作システム~機械工学系亀井 延明
2016-027環境にやさしいマイクロバブル発生装置の開発~旋回水中翼を用いた水中への高効率気泡導入~機械工学系熊谷 一郎
2016-028船舶の摩擦抵抗低減を微小気泡で実証~翼の負圧を利用して微小気泡を船底に誘導する~機械工学系熊谷 一郎
2016-029遠隔操縦や自律移動できるロボットの開発機械工学系山崎 芳明
2016-030マニピュレータによる熱源探索法の開発~遠隔操縦型レスキューロボットへの適用~機械工学系山崎 芳明
2016-031宇宙エレベーターチャレンジ用クライマーの開発 ~機構系と走行実験による各種センサ計測~機械工学系山崎 芳明
2016-032自律走行レスキューロボットの開発 ~障害物走行時の傾斜補正と熱源検出~機械工学系山崎 芳明
2016-033マグネシウム合金溶接部の疲労強度特性~溶接による疲労強度低下を抑える~機械工学系山本 晴生
2016-034金属材料の疲労強度特性の解析機械工学系山本 晴生
2016-035耐熱CFRP製ハニカムサンドイッチパネルの開発~軽量・高剛性に高温耐久性を付加する~機械工学系小山 昌志
2016-036鉄道車両の走行安全性を向上する ~軸箱前後支持の剛性緩和と減衰付加による効果~機械工学系石田 弘明
2016-037鉄道車両の走行安全性を向上する ~急曲線低速走行時の乗り上がり脱線の定量評価~機械工学系石田 弘明
2016-038小型木質ペレット燃焼スターリングエンジン発電給湯システムの開発機械工学系濱口 和洋
2016-039スターリングエンジン発電給湯システムの開発~省エネルギーと環境負荷低減を目指して~機械工学系齊藤 剛
2016-040レーザーブレークダウン着火方式による内燃機関の運転特性~高効率化と低環境負荷を目指して~機械工学系齊藤 剛
2016-041防災機能の高いクラスター型スマートグリッドの研究電気電子工学系伊庭 健二
2016-042スマートコミュニティと電力系統網の共栄の研究電気電子工学系伊庭 健二
2016-043再生可能エネルギーの出力安定化のためのNAS電池の運用制御の調査研究電気電子工学系伊庭 健二
2016-044再生可能エネルギーの運用計画に関する研究電気電子工学系伊庭 健二
2016-045人工衛星の光学系に関する研究電気電子工学系宮村 典秀
2016-046超小型衛星と新しいリモートセンシングセンサの研究電気電子工学系宮村 典秀
2016-047太陽電池パネルの発電量を最大化する方法 ~気象環境の変化に追従した発電量制御技術~電気電子工学系星野 勉
2016-048「電力の仮想的色づけ」を用いたEV充放電 ~充放電時の電力売買インセンティブ~電気電子工学系石田 隆張
2016-049リチウムイオン電池の劣化診断 ~急速充電時のデータから準リアルタイムで推定~電気電子工学系石田 隆張
2016-050自然インターフェイス技術と3Dプリンタの融合~現実感、臨場感のある立体造形物を目指して~電気電子工学系嶋 好博
2016-051自動車との距離検出及びナンバープレート抽出 ~ナンバープレート領域画像からの一推定法~電気電子工学系嶋 好博
2016-052ビーム走査可能な漏洩波アンテナの開発 ~電圧制御による全方向へのビーム走査を実現する~電気電子工学系小寺 敏郎
2016-053ビーム走査可能な漏洩波アンテナの開発 ~周波数制御による全方向へのビーム走査を実現する~電気電子工学系小寺 敏郎
2016-054
人工ジャイロ磁性特性の各種マイクロ波への応用 ~磁性体を一切含まない非可逆メタマテリアルの利用~電気電子工学系小寺 敏郎
2016-055都市域でのヒートアイランド現象を緩和する~都市気候・建物エネルギー連成数値モデルの開発と適用~環境科学系亀卦川 幸浩
2016-056
炭化物と微生物による各種環境ビジネスの展開 環境科学系吉澤 秀二
2016-057食品廃棄物からの炭入り堆肥の開発環境科学系吉澤 秀二
2016-058新型堆肥化システムの開発~エアブローアーと衝撃付加による効率的な堆肥化~環境科学系吉澤 秀二
2016-059水耕栽培で野菜のおいしさを向上させる ~腐植物質フルボ酸添加の効用~環境科学系吉澤 秀二
2016-060廃棄物最終処分場の高pH浸出水対策技術の検討環境科学系宮脇 健太郎
2016-061廃棄物最終処分場の高pH浸出水対策技術の検討環境科学系宮脇 健太郎
2016-062廃棄物最終処分場の不燃破砕残渣からの浸出水による環境への影響評価環境科学系宮脇 健太郎
2016-063都市再生と広域連携の計画策定に向けて ~広域交通網の整備が進む多摩地域を事例として~環境科学系西浦 定継
2016-064環境水試料に含まれる微量金属の分離回収 ~Pb, Cu, Cd, Mn, Ni, Co, In などの効果的固相抽出~環境科学系赤間 美文
2016-065金(Ⅲ)及びパラジウム(Ⅱ)の水性二相抽出~有機溶媒を使用しない低環境負荷による抽出分離法~環境科学系赤間 美文
2016-066変異・融合酵母による草本系バイオマスからのエタノール発酵技術の開発環境科学系田中 修三
2016-067草木質バイオマスからの高効率エタノール生産技術の開発 ~Trichoderma reesei 変異によるセルラーゼ活性の改良~環境科学系田中 修三
2016-068草木質バイオマスからの高効率エタノール生産技術の開発 ~亜塩素酸塩処理と重曹熱処理による稲藁の前処理~環境科学系田中 修三
2016-069草木質バイオマスからの高効率エタノール生産技術の開発~キシロース利用酵母の変異処理とプロトプラスト融合~環境科学系田中 修三
2016-070都市域における土地利用計画 ~大都市周縁市街地域での調査分析~環境科学系木下 瑞夫
2016-071広域大気汚染の発生メカニズムと抑制~大気汚染の動態解析、発生源の特定と抑制対策~環境科学系櫻井 達也
2016-072水圏生態系の捕食者の捕食圧を高めて 有害ラン藻の異常発生(アオコ)を抑制する環境科学系岩見 徳雄
2016-074流量観測による都市部小水力発電の可能性 ~地域で考える自然エネルギー~建築学系藤村 和正
2016-075スロッシングを利用した木造建築物の制振機構に関する研究~2層軸組模型の小屋組内に水槽を設置した制振機構~建築学系年縄 巧
2016-076スロッシングを利用した木造建築物の制振機構に関する研究~鉄板を柱とした四柱模型に設置した制振機構~ 建築学系年縄 巧
2016-077建築構造物の地震被害軽減へ向けて~三方向同時加振振動試験装置で分かること~ 建築学系年縄 巧
2016-078地震動時の揺れに対する免震機構~上下方向の力を水平方向に変換する~建築学系年縄 巧
2016-079建設廃棄物の地盤材料への有効利用技術の開発建築学系矢島 寿一
2016-080清掃工場から発生する溶融スラグの 地盤材料としての評価建築学系矢島 寿一
2016-081体育館の地震応答解析による耐震診断 1建築学系立道 郁生
2016-082体育館の地震応答解析による耐震診断 2建築学系立道 郁生
2016-083転動ブロックを利用した免震装置の可能性建築学系立道 郁生
2016-084体育館の窓枠落下防止装置の開発 ~地震時の窓枠落下を防止する建築学系立道 郁生
2016-085歴史的建造物を地域資源とするまちづくりの提案建築学系齊藤 哲也
2016-086歴史的建造物を地域資源とするまちづくりの提案 ~旧青梅街道周辺の歴史的建造物を現代に生かす~建築学系齊藤 哲也
2016-087建築学系の学生協業による挑戦的なワークショップ ~用意された答えのない問題へ取り組む力の育成~建築学系齊藤 哲也
2016-088地域連携による自然資源の活用提案 ~森とひとの持続的な共生方法と間伐材の有効活用~建築学系齊藤 哲也
2016-089日野の冬フェスタ:市民・役所・学生のつながり~地域で作るイルミネーション空間~建築学系高橋 彰子
2016-090ラオスの教育援助活動の一環として~ラオスの土と木でつくる快適小学校校舎~建築学系加藤 隆久
2016-091ラオスの教育援助活動の一環として~ラオスの土と木でつくる快適小学校校舎~建築学系加藤 隆久
2016-092現代社会における「集まり祈る空間」の設計~幼稚園に隣接した教会と修道院の設計~建築学系村上 晶子
2016-093クリーニング工場内の温熱環境の改善に向けて~窓の開閉状況が作業環境に与える影響~建築学系小笠原 岳
2016-094適切な管理で「橋」の寿命を延ばす~橋梁調査による補修・補強方法の提示~建築学系鈴木 博之
2016-095鋼橋の補修・補強工事用ねじ~スレッドローリングねじで接合された継手の静的強度~建築学系鈴木 博之

情報学部

整理番号研究シーズ所属研究者名
2016-096音楽と流体工学のハイブリッド情報学科横山 真男
2016-097音質の違いを周波数で解析する~ヴァイオリンとチェロを用いた音質の評価法~情報学科横山 真男
2016-098容器からの液だれを防止する~液垂れ発生原因の解析と防止法を解明する~情報学科横山 真男
2016-099スプラッシュ現象を科学的に解明する~実験を数値シミュレーションで再現する~情報学科横山 真男
2016-100ロコモーティブシンドローム予防機器の開発情報学科香椎 正治
2016-101安全装置付き室内移動用椅子情報学科香椎 正治
2016-102並列処理による計算機システムの高性能化・低消費電力化情報学科和田 康孝
2016-103色空間をリアルタイム映像上で視覚表現 ~色空間と2次元映像を融合して3次元化する~情報学科尼岡 利崇
2016-104
距離空間における非言語コミュニケーション ~数学的モデルによる拡張現実の創生を目指す~情報学科尼岡 利崇

教育学部

整理番号研究シーズ所属研究者名
2016-105軽量・高強度・高熱伝導材料の研究開発教育学科清宮 義博
2016-106超音波振動を用いた高濃度・ナノバブルオゾン水製造装置教育学科清宮 義博
2016-107放熱性の高い材料を遠心鋳造技術で作製する~アルミニウムと窒化アルミニウムによる傾斜機能材料~教育学科清宮 義博

経営学部

整理番号研究シーズ所属研究者名
2016-108教育用三次元モデル作成ソフトウェア経営学科光成 豊明
2016-109戦略マネジメントシステムとしての Balanced Scorecard経営学科中嶋 教夫

デザイン学部

整理番号研究シーズ所属研究者名
2016-110ミクストメディアによる作品制作デザイン学科土田 俊介

連携研究センター

整理番号研究シーズ所属研究者名
2016-111漏洩同軸ケーブルの高性能化に関する研究連携研究センター楊 暁冬
2016-112LSIを構成するIP回路ブロックの開発 ~新機能・高性能セルライブラリの構築による応用展開~連携研究センター大塚 寛治
2016-113
チップからボード、ケーブルまでのSI、PI一環設計 ~エバネッセントエネルギー、プラズモニクス等の利用~連携研究センター大塚 寛治