超小型衛星と新しいリモートセンシングセンサの研究(電気電子工学系 宮村典秀)

Print Friendly, PDF & Email

超小型衛星と新しいリモートセンシングセンサの研究

整理番号:2016-046


研究者名: 宮村 典秀(Norihide Miyamura)
所  属: 理工学部 総合理工学科 電気電子工学系 准教授
専門分野: 航空宇宙工学
キーワード: 光学系,人工衛星,リモートセンシング

研究概要

近年、大学やベンチャー企業による超小型衛星開発が活発に行われています。特に低コストと短い期間での開発が可能であるため、開発グループの得意な技術の宇宙実証や、新しいビジネスの開拓に積極的に利用されています。さらに、2014年度より、JAXAによる有償打ち上げ機会の提供が始まり、より宇宙が身近になりました。
当研究室では、教員がこれまでに携わった人工衛星開発の経験を活かし、明星大学発の超小型衛星の開発に取り組んでいます。特に、専門分野である光学系の技術を活用し、デフォーマブルミラーを用いて宇宙で光学性能を補正する補償光学系、折りたたみ構造により大口径を実現する展開望遠鏡の研究を進めています。これらの技術は宇宙利用に限らず、地上のさまざまな光学系にも応用可能です。

図1 超小型衛星PRISM (東京大学で開発)

図1 超小型衛星PRISM
(東京大学で開発)

図2 補償光学系実験装置

図2 補償光学系実験装置

応用例・用途

  • 制御系(ホイール,各種センサ)
  • 電源(リチウムイオン電池,太陽電池)
  • 構造系(構造設計、製作)
  • 推進系(イオンエンジン)
  • 光学系(望遠鏡、レンズ、MEMSデフォーマブルミラー、CMOSセンサ)
  • 電子機器(回路設計、基板設計、製作)など様々な技術

研究設備

  • 補償光学系実験装置
  • デフォーマブルミラー
  • LCOS-SLM
  • コリメータ
  • 光学定盤
  • 暗室
  • イオンクロマトグラフ
  • シャックハルトマン型波面センサ
  • 光学設計ソフト(Zemax)TOC計