知的財産ポリシー

Print Friendly, PDF & Email

学校法人明星学苑の知的財産ポリシー


1. 理念

 学校法人明星学苑は、建学の精神である「和の精神のもと、世界に貢献する人を育成する」を実践することを通して設置する各校から創出された知的財 産を活用し社会に貢献するとともに、その活動を通じて教育研究活動の高度化、活性化を図る新たな知的創造サイクルの構築を積極的に推進します。ここに法人 の知的財産の管理活用に係わる基本的姿勢を「知的財産ポリシー」として定め、学内外に周知を図りながら使命達成に努力します。


2. 知的創造サイクルの構築

(1) 発明の奨励と知的財産の効果的な権利化
本学苑は、教育研究活動に基づき創出される発明提案を推奨し、知的財産としての効果的な権利化を推進します。

(2) 社会連携活動の推進
本学苑は、技術移転を含む産業界等との協力関係の構築、学術交流等により、社会との連携を積極的に推進し、創出された知的財産を社会に還元します。

(3) 人材の育成、教育研究の充実
本学苑は、知的財産に係る活動を通じて、自己及び他者の創出した知的財産権を尊重し、産業・学術・文化・社会に貢献する創造力豊かな人材を育成するとともに、イノベーションに通ずる教育研究活動の高度化、活性化を図ります。


3. 知的財産の管理

(1) 発明者の権利保護
職務発明規程に基づく発明提案を適切に評価、承継し、権利化すると同時に産業界等において効率的な活用を可能にするとともに、発明者の利益や権利を保護します。

(2) 知的財産の活用
TLOなどの外部機関も活用して承継した知的財産の情報を幅広く内外に開示し、共同研究など社会との連携活動を通じて効果的な活用を図ります。

(3) 知的財産の実施と利益の還元
権利化された知的財産の実施に当たっては、実施様態に見合った契約を締結して研究成果を効果的かつ効率的に社会に還元するとともに、発明者への利益の還元を図ります。

(4) 権利化された知的財産の価値評価
承継した知的財産は、定期的にその財産的価値を見直し適正に管理します。

(5) 知的財産の侵害、訴訟等への対応
承継した知的財産の侵害、訴訟に対して、TLOなどの外部機関、共有特許権者、特許実施権者と連携して適切な対策を講じます。

(6) 知的財産の教育、啓発
知的財産の円滑な管理運用をするために、教職員のみならず学生に対しても、知的財産についての教育、啓発を積極的に推進します。

(7) 情報公開
広く社会へ知的財産活動の成果を紹介し、関連する情報を内外に開示することにより、透明性、公平性を確保し社会に対する説明責任を果たします。

(8) 管理体制
承継した知的財産の管理活用に関する窓口を設置し必要な管理体制を整備します。