防災機能の高いクラスター型スマートグリッドの研究(電気電子工学系 伊庭健二)

Print Friendly, PDF & Email

防災機能の高いクラスター型スマートグリッドの研究

整理番号:2016-041


伊庭先生-顔写真

研究者名: 伊庭 健二(Kenji Iba)
所  属: 理工学部 総合理工学科 電気電子工学系 教授
専門分野: 電力システム、省エネルギー、環境エネルギー、蓄電システム
研究者HP: http://www.hino.meisei-u.ac.jp/ee/iba/
キーワード: クラスター型スマートグリッド、自然災害

研究概要

 これまでの電力系統は軽微な停電すら起こさない、高品質の電力供給を行ってきた。しかし東日本大震災による混乱に見られるように、大きな天災に対する対応には次元の異なる視点での信頼性維持が必要であることが明らかになった。本研究は、緊急電源を消費地の近くに位置させた、地産地消が可能なクラスター型のスマートグリッドに関するものであり、自然エネルギーを中心とした小規模発電と優先度別の負荷切り替えを特徴とする。

伊庭先生-シーズ図4

応用例・用途

  • スマートグリッド
  • 地域供給システム

研究設備

  • NAS電池(1000kW:商用使用中)