適切な管理で「橋」の寿命を延ばす ~橋梁調査による補修・補強方法の提示~(建築学系 鈴木博之)

Print Friendly, PDF & Email

適切な管理で「橋」の寿命を延ばす
~橋梁調査による補修・補強方法の提示~

整理番号:2016-094


研究者名:鈴木 博之(Hiroyuki Suzuki)
所  属: 理工学部 総合理工学科 建築学系 教授
専門分野:鋼構造学、橋梁工学、維持管理工学
キーワード:橋梁調査、維持管理、補修、補強、長寿命化

研究概要

橋梁などの道路構造物の管理は、膨大な経済的・環境的負担を考慮して、「こまめな手入れをして長持ちさせる」へと方向転換が行なわれています。橋の寿命は60~70年と言われていますが、こまめな手入れをすることにより橋の寿命を100年以上に延ばせると考えています。我々は、青梅市及び静岡県磐田市の「橋梁調査プロジェクト」を実施しました。

橋梁調査内容の概要を以下に示します。

  • 橋上、橋下からの目視調査の実施
  • 現状を写真に記録
  • 損傷個所の抽出
  • 監視項目と重点検査項目の提案
  • 必要に応じて補修・補強方法を提案 ⇒ 維持管理の指標・処方箋

 

 

応用例・用途

  • 橋梁調査と補修・補強方法の提案により、地元業者による補修・補強が可能となり、地域活性化につながると共に、橋を長持ちさせることで経済的・環境的に膨大な負担を軽減できます。

研究設備

  • 鉄筋探査機
  • 磁粉探傷器
  • 浸透探傷液