歴史的建造物を地域資源とするまちづくりの提案 ~旧青梅街道周辺の歴史的建造物を現代に生かす~(建築学系 齊藤哲也)

Print Friendly, PDF & Email

歴史的建造物を地域資源とするまちづくりの提案
~旧青梅街道周辺の歴史的建造物を現代に生かす~

整理番号:2016-086


研究者名: 齊藤 哲也(Tetsuya Saito)
所  属: 理工学部 総合理工学科 建築学系 准教授
専門分野:建築意匠・歴史、都市デザイン
キーワード:歴史的建造物・産業土木遺産の再生活用、地域活性化、まちのデザイン

研究概要

時代を超えて生き続けてきた歴史的な建物、街の空間構成やその特性と魅力を発掘し、現代に活かす活動を行っている。その中で、旧青梅街道沿いの建物の調査を行い、現代でも十分に魅力ある建物のタイプや分布状況を明らかにした。また、地権者の皆さんとワークショップを行い、街の良いところ、必要なものや改善すべきところなど、学生ら若い世代とのディスカッションを通じ、今後のまちづくりについて考えている。例えば、80年生き残った建物や路地は、どんな状態であれ若い世代にとっては強く惹かれる対象であり、まちを再生する起点となるのである。街の構成や社会の状況を読み取って調査分析(研究)し、その課題を解くためにデザイン(設計)することによって、世代を超えて長く住み続けたいと思える生活環境をつくっていく。

写真1 青梅駅周辺での現地調査風景

写真2 地元の方々への説明風景と学生が作製した模型 ワークショップ形式による意見交換に基づいた青梅駅前の今後の方向性についての提案

 

応用例・用途

  • 住民に認知されていない歴史的建造物を発掘し、地域資産として位置づけ、再生活用することで、地域の活性化はじめ、住民の地元への愛着の向上が期待できる。